転売とせどりでは何が違うのか?初心者に向いているのは中古せどりである事実


転売とせどりでは何が違うのか?

人によって定義の仕方はそれぞれのような感じがしますが、

私としては、

転売  → 主に新品を扱ったスタイルのビジネス

せどり → 主に中古商品を扱うスタイルのビジネス

というふうに分けています。

 

 

そして、最近参入者が増え、よく耳にするのが前者の新品商品を扱った転売です。

新品せどりとも表現されるジャンルですが、

新品せどりから始める方が多いのには以下に挙げる訳があります。

 

・新品商品であれば、メンテナンスの必要が無い

・検品の手間がかからないので楽

・新品を扱うので、基本的にはクレームがくるリスクが少ない

・転売で成功した人の情報商材が多く出されている

・転売成功者がアピールしている売り上げ高が大きい(魅力的に感じる)

 

このような理由から初心者の方は、稼げるし手間もかからないと言われる

転売を始めようと思うわけです。

 

実はここに落とし穴があります。

 

確かに実績者が居るので、稼げることは間違いありません。

しかし、全くの素人から始めていきなり数百万の利益を得る事は現実的ですか?

 

私はそう思いません。

実際私も新品せどりから始めました。

結論から言うと、利益率が悪すぎて中途半端な売り上げでは

稼げたと言えるような利益は得られませんでした。

 

どうしてか?

新品の商品はネット相場と実店舗の価格差を生みにくいからです。

世に出回っている商品はある程度の範囲で価格が設定されていますよね。

普通に買い物をしていてもそれは分かると思いますが、

A店で見た商品がB点では30%も安いという事ってそうそう無いはずです。

あったとしてもせいぜい5%引きや10%引き程度の違いではないでしょうか。

 

要するに転売では、利益率が低くなってしまうんです。

利益率が低ければ数を売るしかありません。

そのため大きな売り上げが必要になります。

 

だから新品せどりをやっている人は売り上げが大きく

数100万や1000万という額を売らなければ利益を得られないという事です。

 

新品せどりで大きく売り上げた初心者に襲い掛かるキャッシュフローの問題

上級者になれば、独自の情報からある程度差額のある商品を知る事が出来る

スキルがあるかもしれません。

しかし、初心者がそういう方の情報商材を頼りに

必死に商品を探したとしても利益率10%程度のものくらいしか見つからないでしょう。

 

 

例えばクレジットカードを量産し、使いまくって

薄利な商品でも何百万円分の仕入れが出来たとしましょう。

利益率が10%だとしても700万売れば利益は70万です。

そこから諸経費などを引いたとして60万程の利益であれば

まだ聞こえはいいかもしれませんね。

 

でも、キャッシュフローが悪くなれば

利益どころか支払いが出来ないという事も考えられます。

 

ちなみにキャッシュフローというのは現金収支の事で

クレジットカードを使っている場合はとくに注意しなければなりません。

計算上、利益がでていたとしても実際に回収している現金が少なければ

資金が回らなくなります。

 

商品の売り上げ - その商品の原価 = 利益

 

この計算で利益が出ていても、この利益以上のカード支払いがあれば

逆に支払いの為にお金を持ち出さなければいけません。

※これは商品の回転率も関わってきます。

 

余剰資金が何百万もあればそれでも耐えられますが、

資金が無い人であれば、一発で破産です。

 

この事実を理解せずに、突っ走った初心者が

ひどい目にあったというのはよくある話です。

 

ようするにたとえ初心者が30万売ったとしても

利益は3万円のビジネスをしているということになります。

そして、前月に30万の仕入れをしていたら利益は0という事です。

 

 

こういう事実がある事をわかって始めるのであれば

リスクを回避するための行動もできるでしょう。

しかし、そのことを知らずに売り上げを伸ばす事のみにフォーカスすれば

悲惨な目にあいますので注意してください。

 

 

初心者がはじめに取り組むべきは中古せどり

この問題を比較的簡単に解決できるのがせどりです。

つまり、初心者にとって安全で稼ぎやすい方法は中古商品を扱う事です。

 

中古商品は新品と違いコンディションによって価格帯が変わってきます。

そのため、新品に比べると価格差が生まれやすく利益を取りやすいと言えます。

 

もちろん商品の検品や動作チェックなどの手間がかかります。

しかしその分、利益が残りやすいんです。

 

 

一見手間がかかるため難易度が高い印象を受けますが

これが初心者にとっての盲点です。

 

利益を多く取れるという事は利益率がよくなるので

転売のような売り方をしなくても稼ぐ事が出来ます。

 

実際に同じ商品のコンディション別の価格を比べてみましょう。

ゲームソフト一つとっても

コンディションによってこれだけ価格が違います。

 

上の商品はゲームソフトのみの出品でケースが無い状態のものです。

下の商品はゲームソフトにケースも付いている状態のものです。

 

同じ商品でもコンデイションによって580円の価格差があります。

 

 

こういった中古特有の価格相場を利用して販売する事で利益を取る事ができます。

 

そして中古商品は40%の利益率の商品などもありますので

全体の利益率も20%から30%にすることが出来ます。

 

つまり、30万の売り上げであれば6万~9万の利益を得る事が出来るという事です。

 

先ほどの転売(新品せどり)と比べると

利益額がかなり違うのが分かって頂けると思います。

同じ売り上げでもこれだけの差があります。

 

現実的に考えると、副業であと少し収入が欲しい方や

小遣い稼ぎとして稼ぎたいという方にとっては断然中古商品を扱った

せどりの方が効率的であることが分かると思います。

 

私も中古せどりをするようになってからは一気に稼ぐ事できるようになりました。

 

これは経験に基づいて断言できますので

これからせどりを始めたいと思っている方や

転売に取り組んでいるけどなかなか成果が出ないという方は

中古せどりに取り組んでください。

 

 

 

せどりは簡単?実際に取り組んで分かった実態


せどりって簡単で実績が出しやすいと言われています。

私もまずは実績を作ろうと思いせどりを始めました。

 

せどりはザックリいうと

【安く買って高く売る】

たったこれだけです。

 

理屈としては非常に簡単だし、イメージも沸きやすいので

アフィリエイトで稼ぐという事よりも現実的に感じますよね。

 

ただ、実際にやってみると言うほど簡単ではありません。

 

苦労もなくあっさり稼げるほど甘くないという事は覚えておいてください。

 

初心者の方が陥りがちな思考として

簡単に稼げる、楽して稼げるという謳い文句にだけフォーカスしてしまい、

始めてみたらイメージと違うという現実に挫折する事がよくあります。

 

 

そう考えるとせどりは参入しやすいが為にその分脱落者がでる分野と言えます。

 

せどりで大きな利益を得るにはそれ以上の資金が必要

せどりは資金を使って商品を仕入れなければなりません。

仕入れた額よりも高く売る事でその差額を利益とする訳です。

 

販売額 - 仕入れ額 = 利益

 

これが大雑把ですが、せどりの公式となります。

これに数字を当てはめてみましょう。

 

10000円 - 8000円 = 2000円

 

つまり2000円の利益を得る為には8000円の商品を

仕入れという形で投資しなければなりません。

そして、実際は販売手数料や登録手数料なども引かれますので

この場合、利益額がもっとが少なくなるでしょう。

 

人それぞれ得たい利益額は違うと思いますが、

仮に20万円の利益を望むのであれば、

この公式を当てはめた場合、仕入れとして80万円は必要となります。

 

もちろん利益率を上げる事で多少の変動はあります。

ですが、現実的な数値としては利益率が30%もあれば優秀と言えますので

一般的な手法を用いたせどりとしては、20万稼ぐ為に必要な資金は

70万~80万程度と知っておかなければなりません。

 

月商500万、月商1000万のせどらーって利益はいくら?利益率を含めて考えてみましょう。

巷では月商数百万や数千万という言葉をよく目にします。

一見すごく儲かっていそうな印象がありますよね。

 

実は一概にそうとも言い切れません

 

問題は利益額です。

いくら売れたとしても、利益が無ければ何の意味もありません。

先ほどの公式に当てはめると

 

500万 - 450万 = 50万(利益率10%)

 

これを見る限り50万も稼いでいればすごいと思うのですが、

これは500万分の売り上げがあるからです。

しかも、ここから手数料やそのたの経費を引いたら更に少なくなります。

 

この利益率のまま売り上げが30万だったとしたら利益で3万となります。

 

まだせどりをしたことが無い人からすれば、30万を売る為に

27万の仕入れという投資をすることはある意味恐怖なのではないでしょうか。

 

回転の悪い商品を扱ってしまえば、キャッシュフローが悪くなり

3万円の利益などは吹っ飛んでしまいます。

 

理論上利益が出ていても、実際に残る金額とはイコールになりません。

 

キャッシュフローが良い状態を保たなければ即破産します

特に、せどり資金が無くクレジットカードで仕入れをする場合

キャッシュフローを意識していないと資金ショートが起こります。

 

つまり、先ほど説明したような利益率10%のせどりをしていた場合

売り上げとっ仕入れの差額が少ないですので、

早く売って資金を回収しなければ、カード代が払えない状況に陥ります。

 

この理屈を理解せずにとにかく売り上げを大きくする事だけに専念すると

間違いなく破産します。

 

せどりコンサルや塾などで、とにかく月商にばかり注目されるのは

非常に危険だということを知っておいてください。

 

たしかに分母が大きいほど利益も大きくなるのですが、

冷静に考えて、資金も無い初心者の素人が数百万の金額をクレジットで支払い

延滞することなく払い続ける事は至難の技です。

実際にこういった手法のもとせどりを教わっている方の中には

支払いが出来なくなっている人が多数存在します。

 

月商をアピールする情報発信者の中には

このように危険な手法を取り入れている方も居ますので

現実的な手法を推奨している方をメンターにするべきだと私は思います。

 

ずばりキャッシュフローを良くするためには、

高回転商品でなおかつ利益率の良い商品を扱わなければなりません。

資金の無い初心者がカードを使ってせどりをするのであれば、

とにかく回転率の良い商品に焦点を絞って取り組めばこの問題は解決できます。

 

まとめ

せどりは確かに参入しやすいネットビジネスと言えます。

そして、金額にもよりますが実績(稼ぐ)もそれなりに出す事が出来ます。

 

しかし、生活できるレベルで稼ぎ続け安定させるには

それなりの作業量とノウハウそして資金力が必要です。

いきなりそのレベルに上り詰めようとするのであれば

それ相応の覚悟と業者レベルの運営が求められるという事を覚えておくべきでしょう。

 

初心者から始めた場合、まずは数万円稼ぐ事から始めてください。

その程度の利益であれば、すぐに達成できますし副業としての

小遣い稼ぎと考えればこれほど確実なネットビジネスは無いかもしれません。

 

重要なのは月商ではなく利益率。

10万の売り上げから3万の利益を出せればかなり効率のいい稼ぎ方と言えます。

(手数料込みであればなお良い)

 

その利益を使わずに更に資金に回していく事でせどり資金は自然と増えていくでしょう。

その過程で、売り上げを伸ばしたり仕入れ額を上げたりする事で

結果的に数十万稼げるようになったというのが

もっとも安全かつ理想的な運営が出来ると思います。

 

せどりといっても手法はたくさんあります。

新品せどりは利益率が低い傾向にあり中古せどりは利益率が高い傾向にあります。

手間の面で言えば新品は楽ですが、手間のかかる中古せどりの方が

初心者には向いていますので

興味のある方はまず中古せどりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

別の記事でもせどりについて紹介しますのでそちらもチェックしてみて下さい。