初心者が中古せどりの仕入れに使うべき店舗はどこか?狙うべき商品は何か?!


中古せどりにを始めるにあたり、どのような店舗で仕入れたらいいでしょう。

代表的な仕入れ店舗をいくつかあげると

 

・ブックオフ

・ハードオフ

・ゲオ

・TSUTAYA

 

などが挙げられます。

もうすでに知っているとは思いますが、こういった店舗では

中古商品を扱っていますので中古せどりを行うには無くてはならない店舗です。

 

一番有名なブックオフはせどりの定番と言える店舗ですが、

現在は商品の価格が単品管理になってしまい以前よりも仕入れが難しくなったと言われたりします。

それでもまだ利益の取れる商品というのは確実にあります。

 

初心者がまずブックオフで取り組むべきオススメの手法としては

108円コーナーのコミックを集めてセットにして販売する方法です。

 

この方法なら知識がゼロだとしても必ず利益を出す事が出来ます。

これだけを集中的に取り組んでもそれなりの月収が望めます。

少額でも確実に稼ぎたいのであればこのセット本せどりをするだけで

誰でも稼げますのでせどりビギナーの入り口には最適な手法ではないでしょうか。

 

セット本せどりの具体的な方法を解説

では、セット本せどりについて具体的に解説します。

注意すべき点やポイントを押さえながら読み進めて下さい。

 

1.利益の取れるタイトルをリサーチする

まずは、セットにして利益のとれるタイトルを見つけなくてはいけません。

108円コーナーにあるものを適当に集めたところで、利益が取れなければ

全く意味がありません。

知識が無いうちはとにかく本棚のタイトルをリサーチしてください。

 

せどりすとなどのキーワード検索欄に

コミックのタイトル␣セット

と打ち込んで全巻セットの相場を調べて下さい。

 

完結していないセットに関しては〇〇巻セットなどと出てきます。

この検索したセットが108円で集められたと仮定して

ネット相場がそれよりも高ければセットを作る価値があると判断できます。

 

このように始めのうちは、集める価値のあるタイトルをひたすら検索して

見つけていくという作業が必要です。

 

最初はとても面倒に感じると思いますが、

避けては通れない作業ですし、数多くこなしていく事で

どんなタイトルがあるのか把握できるようになってきます。

 

ここを乗り越える事が稼ぐ事に繋がりますので着実に知識を積み上げていきましょう。

 

2.セットをつくる(108円コーナーから集める)

利益が出そうなタイトルを見つけたらコミックを108円の棚から集めます。

一つの店舗で全て揃うという事はなかなかありませんので

セットを完成させる為には多くの店舗を回って集めるというのがポイントです。

 

そしてセット本せどりはここが注意点でもあります。

つまり、セットが完成しないと出品する事が出来ませんよね。

 

セットが完成せずに在庫として持っているだけでは、利益にはなりません。

ですので、出来るだけ早くセットを完成させて出品する事が非常に大事です。

 

人気のものは後半部分が108円コーナーでは全く置いていない事もあります。

タイトルごとのそういった特徴もリサーチをしながら意識して見ていきましょう。

例えばそういうタイトルの商品を集めようとしてしまうと、後半部分を高いコーナーで

集める事になります。

ですので、集め方のポイントは後半部分から集める事です。

 

最終巻などは特に見つけにくい傾向にありますので、そのへんはプロパーコーナーの

少し高いものを絡めていくしかありません。

セット本全体で結果的にネット相場より安く仕入れられれば利益はとれるので

臨機応変にプロパーも使って集めましょう。

 

 

3.セット本後半部分の攻略

先ほども言ったように、後半部分は集めにくいと思います。

一番いい方法としては後半部分のあるものから集めるという事ですが、

そればかり狙ってもセット本が完成しません。

 

それでは販売する事が出来ませんし、販売する回転も遅くなってしまいます。

そうなると利益も取れないという悪循環に陥ってしまうので、後半をいかに攻略するか

というのも大事です。

 

そこで使えるのが、ブックオフのポイントです。

ブックオフで商品を購入すればするほど毎回ポイントが加算されます。

前半部分を集めながら貯まったポイントをセット後半のコミックを仕入れる時に

使えば安く仕入れる事が出来ますので上手く利用してください。

 

このようにしてセット本を集め、在庫となっている期間を短くして

回転させることで利益が積みあがります。

 

なかなか集まらないからと言って、いつまでも保管しておく事は出来るだけ避けましょう。

 

ブックオフ以外のセット本を仕入れられる店舗

ここまで、ブックオフでの仕入れ方について解説しましたが、

コミックセットを仕入れられる店舗は他にもあります。

例えば、TSUTAYAでもコミックレンタルをやっているところがあります。

 

そういう店舗では定期的にレンタルしていたコミックをセットで販売したりします。

物によっては全巻揃った状態で販売していたり、前半だけ激安で販売していたりします。

 

こういうものもしっかりチェックしてみましょう。

 

とくにレンタルコミックとして使用したものは安く販売されます。

ただ、出品の際は必ずレンタル落ち商品である事を明記してください。

人によってはレンタル落ちを嫌がる方も居ます。

かといって売れにくいという事はありませんので、チャンスがあれば

積極的に仕入れて下さい。

 

そのほかにも、古本を扱っている店舗はあると思います。

その地域だけにある中古屋さんでも扱っている事もありますし、

リサイクルショップなんかも置いてあるかもしれません。

 

そういう店舗を上手く使いながら、セット本せどりをすれば

それだけで初心者でもしっかり稼げる手法です。

 

ぜひ試してみて下さい。

せどりの仕入れが出来ないという壁を突破する方法!商品の特徴を捉えて正しい仕入れ基準を持つ


せどりの準備が出来たら早速リサーチですが、なかなか商品が見つからないかもしれません。

一番最初の壁がここになります。

 

私も初めてせどりをした頃は商品が見つからない事が多く、

せどりで成功している人がなんでそんなに仕入れができるのか不思議でした。

 

まずはこの第一の壁でつまづいて、脱落する人が多いと思います。

せどりの実態について書いた記事でもお伝えしていますが、

新品せどりに取り組むと特に利益の出る商品を見つけるのは難しいです。

 

ちょっと考えてみて下さい。

ネットとの価格差が生じる商品はどういったものでしょう?

大きく分けてこの2つではないでしょうか。

 

1.ネット相場に比べて店舗で激安になっている。

2.ネットでの相場が高騰していて定価越えしている

 

こういった商品を探し当てるのは初心者にとって難易度が高いと感じるのでないでしょうか。

事前に情報を持っていれば別ですが、地域によっても差が出てくると思います。

 

 

一方、中古の商品であれば比較的楽に商品が見つかります。

これは私も経験したことなので体感として誰もが感じるのではないでしょうか。

中古商品はコンディションによって相場価格が違います。

 

このコンディションの違いで商品価値が変わってくるというのが

中古せどりの一番大きな特徴と言えます。

そして、仕入れが上手く出来るようになる為のポイントがここにあるんです。

 

新品商品はコンディションが全て一緒なので、

他の販売者と差別化する手段としては【価格を安くする】という事しかありません。

 

まずはこの違いを理解する事が仕入れをする為に、

そして稼ぐ為に最も重要な部分です。

 

 

それぞれのコンディションごとの需要と販売するターゲットを意識する

新品商品を購入する場合の購入者心理としては、

「出来るだけ安く買いたい」

というものでしょう。

全て同じものであれば安く手に入れられるに越したことはありませんよね。

 

つまり、新品の場合は安くすればより早く売れるし

高くなるほど売れるまでの期間が遅くなっていくでしょう。

普通に考えて安い方から先に売れていき、徐々に高いものに流れていきます。

 

 

中古の場合はどうでしょう。

中古商品はそれぞれのコンディションにそれぞれの需要があります。

 

・とにかく安く買えればいいという人

・商品の状態も多少気にする人

・出来るだけ状態のいいものが欲しい人

 

に分けられます。

このターゲットを意識して商品をリサーチする事で仕入れがより出来るようになります。

この需要の違いが分かりやすいのが、ゲームソフトのジャンルです。

 

・ゲームソフト本体のみの販売(付属品はない)

ゲームが出来ればいいという一定数の人が購入します。

 

・ソフト本体とケースのみ(またはソフト本体と説明書のみ)

ゲームが出来て収納するものも欲しい。(操作説明などやり方が知りたい)

 

・商品が全て揃っている完品

出来るだけ新品に近い状態の商品を少しでも安く購入したい。

 

という3つに分かれます。

つまり、自分が今仕入れようとしている商品がどのターゲットに販売するかによって

販売価格が変化しまうすので、それを考慮して仕入れるかどうかの判断をするべきだという事です。

 

 

単純にビームで読み込み、最安値と比較して仕入れ判断をしているのであれば

利益の取れる商品は見つからないと言えます。

もしあなたが手に取っている商品が全て揃ったキレイな商品なのであれば

最安値のソフトのみで販売している価格に合わせる必要はないんです。

 

この場合は新品より安く買えて、全てが揃ったキレイな商品が欲しいというターゲットに

販売すると仮定して仕入れ判断をするべきですね。

 

 

ここまで長々と説明してきましたが、

このように理解を深めていけば、仕入れが出来ないと困っている人も

徐々に商品を見つけられるようになると思います。

 

ぜひ参考にして頂いて、仕入れが出来るようになってくださいね。

初心者からせどりを始めるために必要な準備


せどりを始めようと思ったけど何からしたらいいの?という方は

ぜひ参考にしてください。

自分の失敗した経験をもとに回避するための大事な事ばかり解説しています。

しっかり準備して早くせどりで稼げるようになりましょう。

 

まず始めるにあたっての順序の大枠としては

 

販売するためのアカウント登録

     ↓

商品検索ツールの準備

     ↓

仕入れ資金の準備(作り方)

 

となります。以下、一つ一つ詳しく説明していきます。

 

 

アカウント登録

基本的にはインターネット上での販売ですので販売するサイトへの登録をしていきます。

では、販売できるプラットフォームとしてどのようなものがあるかというと

 

・Amazon

・ヤフオク

・メルカリ

 

代表的なものとしてはこの3つになります。

一番多く販売に使われているのがAmazonであり、

せどりの教材や塾などでもAmazonを使ったノウハウがほとんどです。

では、それぞれの特徴は何かというと

 

Amazon   ・・・ 在庫をAmazonにあずけることが出来る。

ヤフオク   ・・・ オークション形式の販売

メルカリ   ・・・ フリマ形式の販売

 

という違いがあります。

やはり基本的には市場の大きいAmazonで販売するのが最も売れやすいと言えますが、

販売規制のある商品や申請の必要な商品などがありますので、商品によって

ヤフオクを使って販売するという感じです。

 

メルカリに関しては、フリマアプリという事で売り買いが

とても手軽といったイメージです。

 

そのため相場感のない方も多いため、ネット相場に左右されずやり取りが行われる事もあります。

このような特徴をとらえて上手く使い分けるのがポイントですので

しっかり覚えておいてください。

 

アカウント登録のやり方については、丁寧に解説しているサイトが沢山ありますので

検索してみてください。

 

ツールの準備

販売するためのアカウントを作成出来たら次は商品を検索する為のツール等を

しっかり揃えましょう。

せどりは売る事だけ考えても商品が無ければどうにもなりません。

 

初心者にとっては最初の難関が仕入れが出来るかどうかが一番大きいです

ですので、利益の出る商品を見つけるためのツールはとても大事な要素となります。

 

1.まずは、スマートフォンです。

取り合えずスマホがなければ仕入れが出来ないので必須のアイテムと言えます。

 

2.商品検索アプリ

iPhoneかandroidかで使えるアプリは違いますが

iPhoneであれば【せどりすと】アンドロイドスマホであれば【せどろいど】などという

アプリがあります。その他にもいくつかありますが使いやすいと感じるものを使ってください。

 

基本的には無料で使えるアプリですが、機能を拡張するためには有料版が必要です。

例えばブックオフなどのインストアコード(ブックオフ独自のバーコード)

を読み込むには有料版にアップグレードしなければならないかもしれません。

 

アプリによっては無料でもその機能がついているものもあります。

最近はAmacode(アマコード)というアプリがリリースされています。

無料会員登録すればインストアコードも読み込めるし、検索結果も見やすいという事で

今後メジャーになっていくかもしれません。

 

 

3.バーコードリーダー(ビーム)

バーコードリーダーはその名の通りバーコードに照らすだけで読み込めるものです。

1万円台のものからそれ以上のものまで様々ありますが、

主流なのはKDC200というものです。

Amazon商品ページ

アプリについているカメラ機能でも読み込みは可能ですが、短時間で多くの検索をする為には

バーコードリーダーが必要不可欠といえますので、稼ぐ為にも必ず準備してください。

 

商品リサーチに欠かせないツールとしてはこの3つのアイテムとなります。

 

せどり資金の準備

せどりは仕入れをしなければなりません。

商品を購入できなければ、せどりが成立しませんので資金が必要です。

 

必要な資金はいくらという決まりはありませんが、

いくら稼ぎたいかによって必要資金が変わってきます。

 

でも、全くの初心者であるのであれば数万円からでも

稼げる実感を持つには十分ではないでしょうか。

まずは、少額でも実際に稼げる事を体験して慣れていく事でもいいと思います。

 

資金が全くないという方でも、資金を作る事から始められます。

では、どういった方法があるのか解説していきます。

 

1.ヤフオクで家にある不要品を販売する

2.ポイントサイト「ハピタス」で稼ぐ

3.クレジットカードで資金を代用する

 

大きく分けて3つの方法が挙げられます。

のヤフオクで不要品を販売する事は、一番安全で販売の経験も出来るので

非常にいい方法だと思います。

これだけでも人によっては数万円から10万円くらいになるかもしれませんね。

 

のポイントサイトのハピタスを使って稼ぐ方法はリスクがありませんが

作業の面で少々根気と行動力が必要です。

どういった方法かというと、自己アフィリエイトによって稼ぐ方法となります。

実はハピタスの自己アフィリで数十万稼いでしまう人も居るのですが、それだけ稼ぐには

手間がかかります。

 

それでも全くのゼロからやれば誰でも稼げる方法ですので、やってみる価値はあります。

詳しい手順等はここで説明すると膨大な量になりますので割愛しますが、

検索すれば手順を説明しているサイトは見つかります。

やってみたい方はぜひ挑戦してみてください。

 

3のクレジットカードで資金を代用する方法ですが、これが一番手っ取り早い方法です。

ただ、クレジットカードの支払い日までに売り上げを回収出来なければ、支払の為に

お金をどこからか持ち出さなければなりません。

つまり、金銭的なリスクが伴いますので使い方を把握して取り組む必要があります。

※詳しい使い方に関しては別の記事で解説しようと思います

 

ただ、クレジットカードを活用すば資金として多くの仕入れが可能になります。

数十万~100万程の限度額があれば十分稼いでいくための仕入れができます。

ただ、先ほども言ったようにカード支払日までには回収しなければいけませんので

それだけは注意してください

 

上手く資金を回しながら支払いをしていく為の絶対条件としてカードは2枚用意する事です。

そして2枚のカードはそれぞれ締め日と支払日がずれているものにしてください。

 

この準備をしておかないと後々後悔する事になってしまいます。

 

これは私の経験上必須条件です。

2枚の支払日の違いを利用してうまく使う事でリスクを最小限に出来ます。

仮に1枚のカードでせどりを続けた場合、支払がギリギリできたとしても

現金として残らない事が多いでしょう。

 

キャッシュフローが少しでも悪ければいくら売り上げを伸ばしたところで

理論上稼げていても、手元に残るものが無いという状況に陥ります。

 

逆に言えば、2枚のカードを準備出来ないのであれば

資金が無い状態でのクレジットカードを使った仕入れはやめた方がいいです。

 

せどり初心者がすべき準備についてのまとめ

ここまで、せどりを始めるにあたっての準備について解説してきましたが、

非常に重要な事ばかりとなっております。

 

私がせどりを始めた頃につまづいた部分について盛り込んでありますので

しっかり参考にして出来るだけ同じ失敗を避けて頂きたいと思っています。

 

せどりは先行投資型のビジネスですので、稼ぐ為にはお金をかけるしかありません。

よく、ネットビジネスは低資金で始められるとはいいますが、

せどりに関しては、仕入れ金額が大きくなればなるほど稼げる金額が比例して大きくなります。

 

言ってしまえば、少ない金額で大きく稼げるジャンルではありません

 

ただ、株やFXなどと違ってかけた金額に対して一定の利益をコントロール出来ます。

つまり、少ない資金から始めても稼いだお金をそのまま資金に回して

少しづつ積み重ねる事で確実に増やすことが出来ますので、言ってしまえば

ただ銀行に預けておくだけの貯金よりもせどりで運用した方がよっぽどマシです。

 

月に1万でも確実に収入が生まれるということは冷静に考えてすごいことだと思いますよ?

年間で12万が自分で利益を生み出しているという事になりますからね。

 

その為にも仕入れに必要なツールやアイテムはしっかり揃えて下さい。

利益を生み出す原動がそこになります。